*

【粗利って何?というあなたに】損益計算書を覚えてみましょう!

損益計算書

 

必要最低限の知識として把握すべきは、

  • 売上総利益
  • 営業利益

までです。売り上げからどういう経緯を経て営業利益にたどり着くかまでマスターしておきましょう。

損益計算の科目を覚えよう

売上総利益(売上−原価)

売上高から売上原価を差し引いたもので、一般には粗利(あらり)とよばれます。

500円の服を販売したとして、その服を作るための原価が100円だとしたら、粗利400円!!ということになります。

ここの額面が大きく、粗利率が高ければ高いほど優秀な商売であると断言できます。

営業利益(売上総利益−販管費)

売上総利益から、販売費及び一般管理費を差し引いたものです。(販売費及び一般管理費は、略して販管費と呼ばれています)

販管費は、粗利を上げるために必要として原価以外の費用がすべて含まれます。人件費、ガス電気代、土地代、プロモーション・広告費用。なんでもです。

販売組織や本社運営の効率性を含めた企業の本業での収益力を表す指標です。

儲かる商売を考えるうえでも、ここまで理解しておけば、とりあえず充分だと思います。

売上成長率と粗利担保率も見よう

事業成長だけを見るのであれば、売上成長率と粗利の絶対額を把握しておきましょう。

粗利が一定以上確保できていて、売上高が成長すれば、いつかは大事業になる可能性が高いです。


売り上げUPしている組織
収穫逓増型ビジネスモデルとは

収穫逓増型ビジネスモデルとは 収穫逓増型ビジネスモデルとは、...

Airbnbで副業
「Airbnb」で儲けが月20万!副業としての期待値大!!

「Airbnb」ってご存知でしょうか。呼び方は「エアビーアンドビー...

LINEスタンプモデル
LINEスタンプで儲ける

昨今、LINEスタンプでお金を稼ぐことが容易であるという噂が出...

ゲーム攻略記事
ゲーム攻略記事で稼ぐ

NAVERまとめのように、素人が記事を書いて、収益を稼げるよう...

楽天アプリROOM
楽天がリリースした『ROOM』副業にピッタリ!

あの楽天からリリースされたアプリ【ROOM】が副業に最適という...

→もっと見る

  • 儲かる商売は、世の中に溢れている情報を分析し、自分にあった儲け方を探すための情報サイトです。株やアフィリエイトといったものではなく、きちんとしたビジネスモデルで、お金を稼ぐことをビジョンにしています。大きな儲けから、お小遣い稼ぎにも優良な情報をお届けします。
PAGE TOP ↑
Google+